東京の葬儀方法:密葬


葬儀がどのようなやり方で行われるのかを決めるのは、親族の意志であることもあれば、亡くなられた方が生前にどのように葬儀を行いたいかを親族に伝えてあって、それに基づいて親族が式を進めるということもあります。葬儀がどのようなものになるのかをきめる大きな要素の一つに、葬儀に参加する人の人数の規模というものが挙げられます。たくさんの方が出席する葬儀か、親しい人のみによって執り行われる式であるかによって、葬儀の雰囲気は全く違ってきます。密葬では、亡くなられた方のご家族や親族、また近しい友人たちが集まり、行われるものです。こうした近しい人のみで行われる葬式は、亡くなられた方を思う強い気持ちによって結ばれた心ある葬式となります。通常行われる葬式は、できる限り多くの亡くなられた方を知っている人を呼んで行われることが多いので、そうなるとさまざまな手続きや雑務が多く、亡くなられた方に近しい人はそうしたものに追われて、忙しい気持ちのままに葬式が進行してしまうということになり兼ねません。そこで、密葬という選択をすることによって、亡くなられた方と過ごす最後の時間を、ゆっくりと穏やかな気持ちで過ごすことができるようになるのです。東京で行われる葬式においても、この方式を選ぶことで、最後に伝えたい思いの全てを亡くなられた方へと向けることができるでしょう。また、こうした親族のみの葬式が行われたのちに、公に人を呼ぶ大規模な式を行うという場合もあります。